ジジその後。。。

親の話だけではイマイチ納得できなかったので
一緒に病院に言って先生に話しを聞いてきました。

1番の疑問であった
「何故体の中の睾丸が見つからないのか。」
犬の体の中にある睾丸っていうのは
小豆くらいの大きさしかないそうなんです。

そしてシュナウザー特有の体質で
脂肪が多いそうなんです。
なのでその睾丸が脂肪の中に
埋まってしまうので見つけるのが
難しいそうなんです。

それともし手術をしなくて癌になったら?
という疑問には
癌になればなったで
手術をしなくてはいけないとのこと。



結局はどっちを選択しても手術は
避けられないようです。


先生に
「理想をいうとこのまま癌にならずに
寿命を迎えるというのが最高なんでしょうが。
現在までに癌になってないこと自体がラッキーなんです。
だから今回手術をやめてそれにかけるのも
いいかもしれません。
しかし、もし10歳すぎて12、13歳になった時に
癌が見つかった場合は、年齢や
病気の苦しさを考えると、ジジのことを思うなら
手術ではなくて安楽死をすすめます。」
と言われたんです。

家族ではまだ最終的な結論には達してないけど
今は手術に絶えるように
低い甲状腺の数値をあげる為に
薬を飲ませてます。
早く甲状腺の数値があがるのを祈るばかりです。


重い話でごめんなさい。。。。

これがジジです。^^
d0134824_7588100.jpg

写真嫌いでなかなか撮らせてくれないのですが
エサをやってる時にコソッと携帯で撮りました♪
なので逆光ですが^_^;
私の大好きな横顔です♪
[PR]
by a-ya2007nen | 2009-05-18 08:01